自分に似合う結婚指輪を選ぶポイントとは

自分に似合う結婚指輪を選ぶポイントとは

自分に似合う結婚指輪を選ぶポイントとは

結婚指輪を選ぶとき、チェックポイントがいくつかあります。

いちばん目につきやすいデザインを中心に選ぶ人が多いと思いますが、試着してみるとちょっと違ったり、ということもしばしば。

指輪だけを見た印象と、指にはめたときの印象は、違うことが多いのです。お洋服と同じですね。

結婚式前は何かと忙しく、指輪選びもなるべくスピーディーに行いたいもの。

店舗予約の前に、イメージの絞り込みができるように、いくつかポイントをご紹介したいと思います。

1.指輪の幅

結婚指輪選び

指は太さだけでなく、形、長さ、爪の形、どれも人によってバラバラです。つける指輪によって、自分の指がどんな印象になるかを想像してみるといいです。

たとえば、指の第3関節にえくぼができるような、マシュマロみたいな手をしている人。指輪の幅が細すぎると、まわりの肉に指輪がおぼれてしまうので、少し幅のある指輪がいいかもしれません。

指が短い、太い、爪が小さい、などの人が幅広の指輪をつけると、かえって指の特徴が強調されてしまうかもしれません。その場合は、曲線のあるデザインにすると指がすっきり見えるでしょう。

指が長い人は、少し幅のある指輪をつけると、指の長さが目立たなくなり、バランスがよくなります。また、細い指輪であってもハーフエタニティリングなら、存在感があります。指の長さをカバーするには、いい選択ですね。

2.指の印象を変えるデザインの妙

ゲスナーのコレクションは、鍛造製品ということもあり、幅の広いしっかりした造りのデザインが多くを占めています。そのためキズもつきにくく、長く美しさを保つという点から、お客様にもたいへん好評をいただいております。

さらに、華奢な印象のものから、存在感を主張するデザインまで、お客様のさまざまなご要望にお応えできる品揃えです。

たとえば、ひねりの入ったデザインや、幅を利用して斜めにダイヤをあしらったもの。リングの幅はあるものの、それが気にならず、デザインの動線に視線が集まります。自分の手に自信のない人でも、このおかげですっきりとした印象を与えます。

ハーフエタニティタイプの結婚指輪

▶この指輪の詳細を見る

幅2mmの一粒ダイヤをあしらったホワイトゴールドリングは、華奢な印象ですが、実際に着けてみると立体的で存在感があります。どうしても細身のリングをご希望の方には、ピッタリのデザインです。また、他のリングとの重ね着けもできます。

細身のマット地の結婚指輪

▶この指輪の詳細を見る

ハンマーマット加工のイエローゴールドとホワイトゴールドのコンビは、派手に見えますが、イエロー部分が肌になじんで落ち着いた印象になります。広めの幅もほとんど気にならず、大きな手や長い指にシャープなアクセントを与えます。

イエローゴールドとホワイトのコンビの結婚指輪

▶この指輪の詳細を見る

大味な印象に見られがちな鍛造リングですが、実際に試着してみるとずいぶん印象が変わります。

ご自分の指の形状を考慮し、指がきれいに見えるデザインを選ぶと、不思議と指輪の幅も気になりません。

まずは、気に入ったデザインを選んでみる。と同時に着けたときに、自分の手が美しく見えるかどうかも、重要なポイントです。好きなリングと、似合うリングは、時には違うこともあるということを念頭に入れておきましょう。